RECS通信

 

スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

マラウィ農業開発協力調査を終えて(君島)

 
 7月14日から1ヶ月弱の予定で南部アフリカの小国マラウィへ出張し、8月10日に帰国しました。南半球に位置するマラウィでは、7月、8月は気温が低く、また乾季でもあるため1年で最も過ごしやすい季節です。すぐに帰国の報告を、と思っていたものの、時差ボケと日本のあまりの暑さに体内時計が狂いっぱなし。また農作業に追われて疲労がたまっていたことなどもあり、今日までさぼっていました。
 今回は3回目、しかも多分最終回となるマラウィの調査でした。この調査は、日本政府がアフリカに対して農業開発にかかわる協力をする場合、どのような手法を用いれば開発を成功に導けるか、という課題を背負って1998年度に始められました。現地では、地元住民に地域ごとに小規模な開発計画に直接参加してもらうことで、彼らが主体となって開発を進めていく体制作りを目指してきました。

ph_ml_children.jpg

 最初に対象となる村を選定し、その村の現状を調査して問題点を明らかにし、その解決策を開発計画として取りまとめるとともに、計画の有効性、妥当性を確認するため、いくつかの計画を実証試験という名の下で実行に移してきたのです。調査の全ての段階で村民と会合を持ち、私たちの考えを直接彼らに伝え、彼らの反応を得ながらの作業は、実に楽しいものでした。
 最初の調査では、私たちの説明に半信半疑だった彼らも、調査の度に対話を重ねるにつれて、私たちが何をしたいのかを理解してくれ、最後には私たちの期待以上の仕事をしてくれました。一つの例をご紹介しましょう。

 村の一つの大きな問題は、食料不足でした。土壌が肥沃でなく、貧乏で肥料も買えないため、作物の生産性が低く、それも雨季に一回しか作付けできないのです。また、灌漑水が無いので5月から11月まで続く乾季に作物がほとんど作れませんでした。さらに、生活用水は地下水に依存しているものの、水質が悪いうえに雨季には雨水と共に泥水も混入し、コレラや下痢などの疾病が多発することも問題となっていました。

ph_ml_pumping.jpg

 この問題を解決するために、私たちは手押しポンプ付きの深井戸を建設し、それを生活用水と灌漑の両方に使ってもらうことを考えました。安全な水の供給は水由来の疾病の発生を低下させる一方、灌漑水の供給により乾季の作付けが可能となるのです。この考えは彼らから全面的な支持を得て、実行に移されました。
 井戸掘りは現地の業者に委託し、今年の1月から4月頃までに3本が完成しました。

ph_ml_watering_crops.jpg

 今回の調査は、井戸が完成してから初めての調査。私たちも井戸がどのように利用されているか、果たして乾季の作付けはなされているのか等、不安と期待が入り混じる気持ちでいました。しかし、現地で彼らの活動を見たとき、もう私たちに残された仕事はないのではないか、とさえ思いました。
 彼らは見事に共同圃場を設営し、様々な野菜を作付けていたのです。そして、手押しポンプでバケツに水を汲み、それを頭の上に乗せて圃場まで運び、せっせと野菜に灌漑していたのです。既に収穫物は村の中の市場で売られ、栽培した野菜の種子代の3倍以上を稼いでいました。

 この他、農民グループの設立、グループ活動の内容など、いくつかの成果がありました。
 いろいろなことを勉強した3年間の調査でした。彼らから学ぶことが多かったようにも思います。学ぶことが多いとそれだけアイディアも湧いてくるものです。彼らとのコミュニケーションの多さが、私たちの調査を成功に導いたのだと思っています。何よりも、アフリカ(まだ事例は今回の一つだけですが)の人々が、ある条件を整えることで、素晴らしい団結力と見事な団体行動を見せてくれたことは大きな収穫でした。
 まだ、課題は残っています。彼らには灌漑の経験がありませんでした。雨季の雨だけを頼りに作物を栽培してきたのです。水をやればやるほど作物は育つと思っているらしく、小さな苗にこれでもかこれでもか、と大量の水を与えます。その結果、作物は徒長気味となり、また湿度が高いので病気にかかりやすくなってしまいました。灌漑のためにポンプで水を汲み、圃場まで運ぶ労力も馬鹿になりません。省力化してなお病気の発生を防ぐことができるのですが、これを体得してもらうには時間がかかります。

 作物が病気になれば農薬が必要になります。これがまた問題です。今回、農薬散布器を一台供与し、使い方、使用上の注意をデモンストレーションしてきたのですが不安が残りました。農薬は村から20kmほど離れた町の店に売っているのですが、店員に農薬の知識はあまりありません。また、農薬のラベルには使用上の説明のないものもあり、説明があってもほとんどが英語で書かれています。村で英語が読める人間などほとんどいません。さらに、日本をはじめ先進国では20年程前にすでに使用禁止になった、人間の体にも害を与える恐れのある農薬がまだ売られているのです。高価な農薬は、農民がそれほど頻繁に購入できるものではありませんが、私たちが供与した農薬散布器で農薬を撒いた結果、農民が体調を崩す可能性は否定できません。

ph_ml_fertilizer_shop.jpg

 これらの課題は、私たちの調査にずっと協力してきてくれた、マラウィ国農業灌漑省の地域事務所の職員たちに伝え、フォローしてもらうようにしています。私たちが去った後で、マラウィの人たちだけで開発が続けられることが最も望ましいと考えています。
 開発とは人間の生活を便利にする行為のはずです。しかし、その方法は地球上全ての人に等しく適用できるものではありません。対象となる人々の暮らしや文化、環境等を調査・理解するとともに、その人々に最も適した開発を見極め、また彼らと一緒に探っていかなければなりません。
スポンサーサイト
プロフィール

RECS INTL Inc.

Author:RECS INTL Inc.



最新コメント

最新トラックバック



検索フォーム



QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。